玉吉製作所|静岡県富士宮市の精密板金業|フレーム製造

玉吉製作所|静岡県富士宮市の精密板金業|フレーム製造

日本語English

経営理念

1.健全経営を土壌にして顧客指向に徹し、広く社会に貢献する。

2.革新と変化に対応できる体質を追及し、適切な品質、価格、納期の確保に努める。

3.社員の創意と心を尊重して、良好な職場環境から無限の可能性を引き出す。

会社概要

社名 株式会社 玉吉製作所
事業内容 1. 半導体製造装置・医療機器を主とした精密板金部品の加工及び組立
2. 3次元板金設計、レーザー切断加工、筺体フレーム溶接加工
3. OEM 製品の設計・開発及び製造
所在地 【 本社・富士宮工場 】 〒418-0006 静岡県富士宮市外神147
【 大田原工場 】 〒324-0045 栃木県大田原市実取760
ホームページ http://www.tamayoshi.co.jp
メール info@tamayoshi.co.jp
電話 【 本社・富士宮工場 】 0544-58-1501  【 大田原工場 】 0287-28-2111
ソフトバンク携帯 【 本社・富士宮工場 】 080-3471-4021  【 大田原工場 】 080-3471-1417
 ※通信料節約の為設置しております。
ファックス 【 本社・富士宮工場 】 0544-58-3380 【 大田原工場 】 0287-28-2119
従業員数 日本国内 70名  海外(ベトナム) 40名
設立 昭和35年 7月
資本金 1,000万円
代表取締役 【 社長 】 吉田 弘宣
海外事業所 【 玉吉製作所 ベトナム工場 】 Tamayoshi Vietnam Co., Ltd
Fuji Precision Park, Yen Phong IZ, Bac Ninh Province, Vietnam
Tel/Fax +84-241-368-9330
関連会社 株式会社ヒロノブ(不動産賃貸)
【 ベトナム・日系中小企業向けレンタル工場 】 Fuji Precision Co., Ltd.
加入団体 静岡県シートメタル工業会・ネクステージ(青年部)、栃木県シートメタル工業会、
富士宮市商工会議所、大田原市商工会議所、(社)岳南法人会、
(社)静岡県国際経済振興会、実取工業団地連絡協議会、(社)栃木県溶接協会
環境パートナー 株式会社エコネコル、有限会社吉田美装、有限会社マテック

アクセスマップ

本社・富士宮工場

●お車でお越しの場合
東名富士 I.C から 14km(約 30 分程)富士 I.C 料金所→(正面 Y 路を左へ)
西富士道路(有料)を富士宮方面へ→料金所→R139(約 7km 直進)
→(道路右側にサークル K→モービル石油→ミニストップ)外神交差点を左折
→800M 先の突当り T 路信号右折→すぐ左に看板(入口)あり。

●電車でお越しの場合

最寄駅JR 身延線西富士宮駅下車、タクシーで 5km(約 10 分程)
“トガミのタマヨシセイサクショ”と告げてください。

大田原工場

東北自動車道 西那須野塩原 I.C 料金所出口を左折→1つ目の信号を右折
→次の信号を左折し、 400m 直進→実取交差点を左折→
600m直進後、実取工業団地看板を右折し、300m 先の Ty が目印です。

沿革

昭和35年7月 横浜市鶴見区矢向町764番地で個人企業として創業
昭和37年10月 静岡県富士宮市に移転し、有限会社に組織変更
昭和41年11月 株式会社に組織変更
昭和45年8月 トルンプ社からNC付きニブリングマシン TC-20A を導入、精密機械板金へ転換
昭和51年5月 アマダ製NC付きタレットパンチプレスを初めて導入
昭和54年6月 栃木県大田原市に新工場を建設する
昭和58年1月 最新鋭機アマダ製レーザー加工機を初めて導入(LC-644)
昭和60年7月 アマダ製FMSライン(無人板金自動ライン)導入
昭和63年7月 アマダ製ベンディングロボット導入
平成5年2月 本社工場(第10期)工場増設
平成7年12月 PCネットワーク化した新生産管理システムを導入(TESCWORK2)
平成9年3月 マザック製マシニングセンタ本社工場導入、高精度および複合加工板金へ転換
平成9年9月 アマダ製油圧式ターレットパンチプレス自動金型交換ロボット導入
パソコン NC付油圧式プレスブレーキを大田原工場導入
平成10年9月 アマダ製AP100自動プロ 大田原工場導入
平成13年3月 大田原工場(第4期)増設
平成13年6月 トルンプ製レーザー加工機 L4030-S を導入
精密フレーム(角パイプなどを使った構造物)ライン新設
平成13年7月 代表取締役会長に吉田昌弘が就任、代表取締役社長に吉田弘宣が就任
平成16年7月 トルンプ製レーザーパンチ複合機 TC6000L を導入
平成17年1月 アマダ製板金3次元CAD SHEETWORKS を導入、3次元設計によるものづくり始動
平成17年3月 トルンプ製レーザー加工機 L3030-S を導入
平成17年4月 ベトナム・ハノイ市に現地法人(TAMAYOSHI VIETNAM Co., Ltd)を設立
3D-CADデータセンタ開設
平成18年1月 大田原工場の改修工事を行い、大型フレーム溶接ラインを設置
平成18年3月 新生産管理システム(TESCWORK-WIN)を入替え導入
平成19年3月 ダイヘン製半自動溶接ロボット+ターンテーブル を導入
アマダ製ハイブリッド・プレスブレーキ HDS-5020NT を1台導入(HDSシリーズ6台目)
海外でのものづくり始動
平成20年1月 ベトナム・バクニン省に支店を設立し、Fuji Precision Park 内に工場進出
平成20年12月 アマダ製レーザーパンチ複合機 EML3510NTP(4kw) を導入
平成21年06月 ベトナム子会社 Tamayoshi Vietnam Co., Ltd の本店をバクニン省へ移転し支店と統合
平成22年08月 ベトナム国内1号機となるトルンプ製レーザー加工機L3030を導入
平成26年08月 本社工場(第11期)出荷工場棟建替
平成27年10月 トルンプ製レーザーパンチ複合機 TruMatic 6000 fiber FMSを導入
トルンプ製プレスブレーキ TruBend 5130を導入
平成27年11月 トルンプ製レーザーパンチ複合機 TC6000Lをベトナム工場に移設